登録販売者の求人を岡山で探すときに知っておきたいこと

薬剤師9

登録販売者の資格を取って働きたいと考えて求人を探すときにはどんな仕事をすることをイメージしているでしょうか。どんな仕事があるのかをよく理解した上で求人を探すようにしないと、なかなか希望の条件に合うようなものが見つからなくて困ってしまうでしょう。

登録販売者が岡山で仕事を探すときに知っておきたいポイントを説明します。

関連:相馬市で登録販売者求人を探す方法

典型的な求人はどんな職場か

薬剤師15

岡山で登録販売者の資格を持っている人を募集している求人を探してみるとどんな職場が候補に挙がるのでしょうか。代表的なのはドラッグストアですが、他にもコンビニやスーパー、家電量販店やホームセンターもしばしば見かけられます。

登録販売者の資格を持っていると第二類医薬品および第三類医薬品の販売をすることができるのが特徴で、医薬品販売をしている店舗では是非とも確保しなければならない有資格者です。医薬品販売は薬局だけでなくコンビニやスーパーなどでも行われるようになってきました。

その影響で色々な販売店で求人が出されるようになっています。医薬品の販売をしているという点では調剤薬局や院内薬局なども該当するのではないかと思うかもしれません。しかし、岡山に限らずどこを探してみても調剤薬局や院内薬局からの求人はほとんど見つからないのです。

これは調剤薬局などでは調剤がメインの業務になっているので薬剤師が常駐しているからです。薬剤師は登録販売者と同様に第二類医薬品、第三類医薬品を販売することができ、第一類医薬品も取り扱えます。そのため、あえて登録販売者の有資格者を採用する必要がない現場が大半を占めているのです。

登録販売者の求人の業務内容とは

登録販売者としてドラッグストアやコンビニなどで働くとどんな業務を担当することになるのでしょうか。業務内容は現場によって少しずつ違いはありますが、メインとなるのはレジ打ちや品出し、在庫管理です。特にパートやアルバイトの場合には大半の時間がレジ打ちになることが多くなっています。

医薬品の販売店としては常に登録販売者がいる状況にして、その人が最終的に販売をしたという証拠を残さなければなりません。そのため、レジで第二類医薬品や第三類医薬品の販売をした担当者として記録が残るように名前を登録したレジで商品をスキャンして販売をしてもらうという形を取っているのが主流になっています。

大型スーパーやホームセンター、家電量販店などでは専用の窓口を設けて医薬品を販売していることもあります。この場合にはその窓口担当の販売員として働くのが一般的です。他の商品と分けることで顧客の動線をわかりやすくすると同時に、第二類医薬品のようにきちんと説明をしなければならない医薬品について義務を果たしていることを示せる販売方法になります。

この場合にはレジ打ちと商品説明が主な業務になり、品出しなどまでカバーするかは店舗規模や現場の方針によって異なっています。

資格がないのと何が違うのか

登録販売者として資格を取ってもメインの業務がレジ打ちとなると資格など取らなくても良いではないかと思うかもしれません。正社員の場合には第二類医薬品や第三類医薬品の在庫管理を担当することになる点は資格を持っていない人とは違うでしょう。

しかし、それ以外の部分は資格がない販売職の人とあまり変わらない場合もよくあります。特に専用窓口を用意していない店舗の場合には普段の業務は見た目の上では資格の有無で違うようには見えないことが多いのは確かです。

ただ、資格があるのとないのでは給料が違います。岡山では地域による違いこそあれドラッグストアやスーパーでレジ打ちのパートやアルバイトをすると750円から950円くらいが時給の相場です。しかし、登録販売者の資格を持っていると1000円から1250円くらいの時給で雇ってもらえるのが一般的です。

正社員の場合にも資格手当が出るおかげで月収が1万円くらいは高くなり、さらにベースとなる基本給も1割くらい高めで採用してもらえる傾向があります。稼ぐためには資格を取っておくに越したことはないと考えることができるでしょう。

登録販売者なら採用されやすい

登録販売者の資格があると求人に応募したときに採用してもらいやすいのもメリットです。販売職は比較的経験を問わずに採用してくれる傾向があるのは確かで、特にパートやアルバイトなら特に人柄が悪くないようであれば採用するケースが多くなっています。

しかし、正社員ともなるともう少し慎重に人材の良し悪しを吟味するのが普通で、特に年齢を重ねているのに平社員としての採用となると採用するかどうかで悩みがちです。すぐに店長候補にまで成長できるのか、エリアマネージャークラスになれるような素質があるのかと慎重に吟味することになるのが通例です。

しかし、登録販売者の資格があればとりあえずは働いてもらって様子を見ようという判断で採用しやすくなります。店舗に常にいてもらわなければならない有資格者だからです。ドラッグストアやコンビニ、スーパーなどの販売店は営業時間も長く、年中無休のところもたくさんあります。

毎日どの時間にも登録販売者がいるようにスケジュールを立てるには一人でも資格を持っている人が多いと楽でしょう。そのため、資格があれば経験や年齢などで少し不利な点があっても採用を前向きに検討してくれることが多いのです。

関連:大阪で募集されている正社員の登録販売者の求人の特徴を知ろう

アルバイトから正社員登用も狙える

登録販売者の資格があるとパートやアルバイトから始めて正社員登用を狙える場合もあります。大手のドラッグストアやコンビニなどが多いことから、正社員登用制度を設けていることが少なくありません。雇用側としてはアルバイトやパートとしてしっかりと仕事をこなしてきてくれた人ならずっとその現場で働く人材として確保したいと考えるのがもっともなことでしょう。

さらに登録販売者の資格があるとなれば登用試験でも有利になるので、アルバイトやパートから正社員へという道も検討してみましょう。

登録販売者としてどこで働くかを考えよう

岡山では登録販売者はドラッグストアだけでなくコンビニやスーパー、家電量販店などで募集されています。レジ打ちなどの販売業務が中心で、資格がない人に比べると高い給料で雇ってもらえるのが特徴です。雇用側にとって重要な資格なので、経験や年齢について不利な部分があっても前向きに採用を検討してもらえます。

どんな職場で働きたいかをよく考えて求人に応募するようにしましょう。